社会福祉士になって誰かを支える人に~頼られる存在で相談相手に~

専門家

任意売却のすすめ

if-college.com

社会福祉科-新潟で社会福祉士を志望する方へ|if(新潟医療福祉カレッジ)

任意売却とはどのようなシステムなのか

任意売却というのは、どのような制度なのでしょうか。これは、住宅ローンが払えなくなった場合の、家の売却方法の一つです。住宅ローンが払えない場合は、かつては競売という方法がメインでした。しかしこの競売は、通常の不動産の価格よりも低い価格で売却され、仮に手元にお金が残っても、返済に優先的に回されていたため、転居資金さえも出ないものでした。また、家に事前に調査が入るため、近所にその事実を知られてしまうこともありました。元々任意売却は、不動産の資産価値がデフレによって下がり、住宅ローンが不良債権化して回収できなくなるという事態が起きたため、金融機関を救済するために始まったシステムです。しかし、これが新しい売却方法として知られるようになり、競売よりもメリットがあるため、任意売却のための相談窓口も設けられるようになりました。

相談は法曹関係者または専門業者へ

主な相談窓口は、やはり専門の弁護士か司法書士です。この場合の費用は、着手金と成功報酬がそれぞれ10万円から30万円程度となっています。成功報酬の目安は、大体売却額の1パーセントから3パーセントほどという場合が多く、成功報酬ですので、売却できなかった場合には支払う必要はありません。また、任意売却専門の業者に相談するという方法もあります。この場合は、基本的に報酬は必要ありません。なぜかといいますと、業者の報酬は売却代金から出る仕組みになっているからです。いずれの場合も転居資金代程度のお金は手元に残ります。しかし業者の中には、相談時に高額の転居資金をもちかけて、不利な契約を結ばせる業者もいますので気を付けてください。転居資金の相場は大体20万円、高くても50万円程度と考えるといいでしょう。

相談は早めに

専門家に早めに相談しましょう。住宅ローンの返済に困りそうだと感じたら、できるだけ早めに、相談することで、任意売却できます。この方法で売ると、競売に比べて高く売れます。

Read More

相談は専門家に

相談するなら、弁護士や司法書士など専門家に相談しましょう。相談の費用は無料の場所が多いため、気軽に利用するといいでしょう。場所によっては有料の場所あるため、事前に確認しましょう。

Read More

費用について

相談料は無料の場所が多いですが、本格的に任意売却の手続きを行う場合は20万円から30万円ほどかかります。ローン滞納の際は早めに相談や任意売却に向けて行動するといいでしょう。

Read More