社会福祉士になって誰かを支える人に~頼られる存在で相談相手に~

費用について

任意売却にかかる費用について

様々な理由で住宅ローンの返済が出来なくなったら、不動産を売却する任意売却で解決することが可能です。しかし、任意売却とはどうすれば出来るのか知識がないと、手続きを進めることは難しいです。わからないのであれば、専門家に相談することが一番の早道です。では、専門家とは誰かというと、弁護士や司法書士、不動産屋などが当てはまるのです。それでは、専門家の支援を受けるためには、どの程度の費用が必要なのかというと、相談料に関しては多くが無料です。費用が発生するのは、本格的に任意売却を進める決断をしてからで、着手金として20万円から30万円程度がおおよその目安です。ただし、相談料も着手金もゼロ円というケースもよくあるのです。そうして任意売却の手続きが行われ、不動産を売却出来たならば、一般的な成功報酬の相場として、売却額の3パーセントから5パーセント程度支払うことになるのです。

住宅ローンの返済が出来なくなったら相談をする

不動産の購入は、高額であるために一括ではなくローンを組んで行うことが多いです。そのために何十年も返済し続けていくことになるのです。ところが、返済している間にリストラや給料のカット、病気などで収入が維持できないことが起こる可能性があるのです。その時にはローンの返済が滞納されるのです。そのまま放置してしまえば、債権者が裁判所に訴えて、ローンで購入した不動産を競売にかける手配を進めてしまうのです。競売は相場よりも安く売られるので、売却後もローンが残ること十分に可能性があることです。そこで競馬にかけられる前に自ら任意売却を行えば、競売よりも高く売ることが出来るので、ローンの返済がしやすくなるのです。ただし、任意売却は、抵当権が設定されたままでは行えないので、債権者である銀行等の金融機関に理解してもらうことが必要です。任意売却の手続きを進めるためには、そのための交渉を最初に取り掛かることになるのです。とはいえ、任意売却のことを理解していない人間が、手続きで必要な事柄に対処することは困難です。ですから、任意売却に関する知識を持つ専門家に相談することが、円滑に進めるためには最善です。